中部電力の苦情クレーム電話番号!問い合わせメールも可?

総合エネルギーサービス企業として、安価で高品質なエネルギーサービスを提供する「中部電力」

電力3位・中部財界の雄として存在感を示す電力会社ですが、苦情やクレームがある際には、どこへ連絡を入れると良いのでしょうか?

スポンサーリンク?

ご意見・ご要望は電話で伝えることが可能!

(画像引用:https://www.chuden.co.jp/)

中部電力の公式サイトを読み込んでみても、“苦情・クレーム”というワードを明示した問い合わせ窓口は見付かりませんでした。

しかしながら「その他のお問い合わせ・ご意見・ご要望」を受け付けるとして、下記の電話番号が案内されていたため、ご紹介いたします。

中部電力株式会社

Tel:052-951-8211(代表)
受付時間:9時~17時
※土曜・日曜・年末年始(12月29日~1月3日)、祝日は除く

“ご意見・ご要望”と言いますから、苦情・クレームに類する内容も、こちらへ申し出れば良いのでしょう。

なお余談になりますが、中部電力は非常に大きな組織というだけのことはあり、幾つもの事業所・関連施設を有しています。

それらの所在地や電話番号については「会社情報 事業所・関連施設」の一覧にて調べることが可能ですので、必要に応じて目をとおしてみてください。

本店・支店はもちろんのこと、「でんきの科学館」「名古屋港ワイルドフラワーガーデン」といったPR展示施設から、主な発電所まで。

同じ項より発電設備の概要なども閲覧することができ、興味深く感じました。

スポンサーリンク

「お問い合わせフォーム」を利用するのも一案!

「その他のお問い合わせ・ご意見・ご要望」については、電話ではなく、「お問い合わせフォーム」から連絡を入れることもできます。

「その他のお問い合わせ・ご意見ご要望 お問い合わせフォーム」は、こちら

画面の内容に従って自身の情報を入力し、「①入力→②確認→③完了画面」の3ステップで要件を伝えることが可能ですから、電話より気軽と感じる方も多いかも知れません。

お問い合わせ内容は、全角1000字以内で入力(半角英数字も入力可)します。

ちなみにこちらのフォームを通じて問い合わせても、回答に関しては、書面や電話/FAXを使用して届くことがあるそうですね。

また返事が届くまでに時間が掛かる場合もあるといい、先ほど紹介した電話窓口と同様、土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)の連絡は“翌営業日以降”に内容を確認すると案内されていますから、留意しておきましょう。

併せて、「お寄せいただいた電子メールすべてにはお返事を差し上げられない場合がございますので、あらかじめご了承ください」との注意書きも。

とはいえ真っ当な問い合わせ内容で、確とした回答を必要とするものであれば、返事が届くと思われます。

一方、問い合わせは「個人情報の共同利用」に基づき、必要に応じて「中部電力パワーグリッド」および「中部電力ミライズ」へと転送され、そちらで確認・回答が行われるケースもあるとか。

公式サイトの説明を読み込んでみると、中部電力株式会社は2020年4月1日に、一般送配電事業等を中部電力パワーグリッド株式会社へ、小売電気事業を中部電力ミライズ株式会社へ分社化しているようですね。

問い合わせ内容に応じて最適な組織から返事が届くというのは、利用者にとって有難いことではないでしょうか。

…と、苦情・クレーム窓口として「その他のお問い合わせ・ご意見・ご要望」を届ける連絡先&連絡方法を掲載しましたが、シンプルに中部電力に絡む疑問・質問があるという場合には、まず「よくあるご質問・お問い合わせ」の内容をチェックしてみると良さそうです。

中部電力パワーグリッド・中部電力ミライズの範疇になる話題も含めて、様々な情報が提供されており、参考になりますよ^^

スポンサーリンク