ガリバーの苦情クレーム電話番号!本社への問い合わせは可?

国内大手中古車売買サービスの「ガリバー」

中古車販売台数100万台突破、中古車買取台数No.1を誇る企業ですが、苦情・クレームの受付窓口を設置しているのでしょうか?

スポンサーリンク?

「ガリバーお客様相談センター」の概要をチェック!

(画像引用:https://221616.com/shop/)

さてガリバー公式サイトのトップページより、「お店を探す」→「お客様相談センター」と進んでいくと、「ガリバー本社お問い合わせ・苦情相談窓口」のページにて、各種お問合せ・ご相談窓口の詳細を確認することができました。

その内容は、以下のとおり。

〇ガリバー・各ブランド店舗をご利用のお客様
お問合せ:お客様相談センター
<ガリバー店舗ご利用に関するお問い合せ>
0120-22-8680
<各ブランド店舗ご利用に関するお問い合せ>
0120-22-8676
お客様のお問い合わせ内容により、ご回答にお時間を頂く場合がございます。あらかじめご了承願います。
営業時間:月~金10:00~20:00 / 土10:00~17:00
※年末年始休暇などにより変更となる場合がございます。
メールでの問い合わせは、こちら

〇ガリバーアウトレットをご利用のお客様
お問合せ:お客様相談センター
0120-22-8685
お客様のお問い合わせ内容により、ご回答にお時間を頂く場合がございます。あらかじめご了承願います。
営業時間:月~金10:00~20:00 / 土10:00~17:00
※年末年始休暇などにより変更となる場合がございます。
メールでの問い合わせは、こちら

ページ上部の“苦情相談窓口”という案内に加え、お客様相談センターの案内及びメールフォームをチェックしてみても、単に質問ではなく“お客様のご意見・ご要望”等を受け付けている旨が明記されていますから、こちらが苦情・クレームの受付窓口という理解で間違いなさそうです。

なお電話・メールのどちらで連絡を入れるかについては自身の好みで選んで良さそうですが、「お急ぎの場合は、お客様相談センターへお電話にてお問い合わせください」とのアナウンスが見受けられるので、メール連絡時の回答には時間が掛かるものと、念頭に起きておきましょう。

ともあれメール・電話の双方にて連絡が可能であり、きっちりリアクションもあるというのは、利用者目線で大変ありがたいですよね^^

一点注意したいのは、紹介した問い合わせ窓口の名称は全て“お客様相談センター”となっているものの、問い合わせ内容によって電話番号が異なること。

状況に応じて適切な連絡先を見極め、掛け間違え等がないよう注意してください。

スポンサーリンク

本社&各店舗の情報も併せてチェック!

“ガリバー本社お問い合わせ”というページ上部の案内より、お客様相談センターが本社の管轄であることは理解できましたが、その他にも類似の連絡先が周知されているのか気になり、続いてはガリバーの「IR情報・会社情報」のページに目を移してみました。

〇会社情報
社名 株式会社IDOM
※自動車流通業界の変革に「挑む(いどむ)」ことに想いを込め、2016年7月に株式会社ガリバーインターナショナルから、株式会社IDOM(いどむ)へ社名変更。
企業紹介 中古車買取のパイオニア。
中古車販売においてもリーディングカンパニーに成長。
「ガリバー」ブランドを中心として、日本全国に約500店舗展開。
新車ディーラーを国内外で展開。
本社所在地 〒100-6425 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング25階

本社所在地は掲載されていたものの、本社代表電話の番号といったものは見当たりません。

やはり問い合わせ時には、お客様相談センターを通すシステムなのでしょう。

一方で全国に約500店を数えるガリバー各店舗の連絡先は、こちらのページより検索することが可能。

各店舗の詳細ページには、住所・電話番号・営業時間といった基本的な情報はもちろんのこと、「在庫ご紹介」といった内容も盛り込まれておりますので、連絡先を調べる以外の用途でも活用してみてください^^

スポンサーリンク