九州電力の苦情クレーム電話番号!問い合わせメールも可?

電力の長期安定供給を中核に、総合エネルギー事業・情報通信事業・環境リサイクル事業・生活サービス事業などの新たな事業領域でも運営を展開する「九州電力」

幅広い事業や様々な活動において、私たちの生活や地域社会と密接に関わる存在ですが、苦情・クレームの受付窓口は設置されているのでしょうか?

スポンサーリンク?

問い合わせは、お近くの営業所まで!

(画像引用:https://www.kyuden.co.jp/)

さて九州電力の公式サイトをチェックしてみると、電気の契約やオール電化に関する相談、また九州電力やホームページに対するご意見などがあれば、お近くの営業所まで気軽に問い合わせるよう案内されていました。

“九州電力やホームページに対するご意見”という文言を見る限り、苦情・クレームに類する内容も、近隣の営業所へ伝えると良いのでしょう。

各営業所の住所・担当地区・電話番号については、「営業所お問い合わせ先一覧」より調べることができます。

営業時間は、月曜日~金曜日(休日を除く)の9時~17時(ただし、年末年始は終日閉店)。

通話料は無料で、一般加入電話・携帯電話・PHS・IP電話・公衆電話などから利用することができますね(IP電話については利用できない場合あり。国際電話は利用不可)。

電話を掛けると自動音声による案内が開始されるので、ガイダンスに沿って、用件の番号を選択しましょう。

電気に関する各種申込み・問い合わせに絡む話題の場合は住所・名前とともに、「電気ご使用量のお知らせ」等に記載された「お客さま番号」を申し出るとスムーズです。

ちなみに営業所への電話は、「コールセンター」にて受け付けているそう。

どういう意味か分からず調べてみると、サービス向上と業務の効率化を図るため、各営業所に掛かってきた電話は一旦コールセンターに自動転送され、営業所に転送・取次の必要がなければ、そのまま“完結処理”になるシステムとの説明がありました。

別途用意されている耳や言葉が不自由なお客さま向けのFAX受付は、以下の連絡先。

専用FAX番号

0120-986-003
FAX受付時間:月曜日~金曜日(休日を除く)の9時~17時(年末年始は終日閉店)。
ただし緊急の用件については、上記時間外にも対応

「九州電力連絡用FAX用紙」は、こちらです。

送信後は、折り返しのFAXを待ちましょう。

スポンサーリンク

「お便りBOX」を通じて、メールでのやり取りも可能!

「お便りBOX」という問い合わせフォームを利用して、メールでやり取りすることも可能です。

フォームは問い合わせ内容によって異なるのですが、苦情・クレームについては、他のカテゴリに当てはまらない問い合わせや「当社へのご意見ご要望」を受け付けているという、「その他に関するお問い合わせフォーム」から連絡を入れると良いですね。

問い合わせやご意見・ご要望の内容は、改行も含めて1000文字以内で入力。

内容によっては九州電力が契約内容や現場の状況などを確認するため、その他の項目に関しても全て入力するよう指示されています。

返事が届くまでには、数日以上掛かる場合があるとの注意書きも。

また電話での問い合わせ時と同様に、営業時間外、および土・日、祝祭日、年末年始の連絡については翌営業日以降の対応となるそうなので、あらかじめ留意しておきたいですね。

ともあれ様々な意見・要望を吸い上げるべく、電話・FAX・メールといった複数の受付窓口が設置されている点は、利用者目線で大変ありがたいと感じました。

なお苦情・クレームではなくて、シンプルに質問・疑問があるという場合には、まず「よくあるご質問」に目をとおしてみることをお勧めいたします。

インターネット上で完結する手続・申込も多いようなので、各項目の説明文を事前にチェックすると、余計な手間が省けるかも知れません。

スポンサーリンク