みずほ銀行の苦情クレーム電話番号!本社への問い合わせは可?

2002年・2011年に続き、2021年2月28日から3月12日に掛けて、大規模なATMのシステム障害を起こした「みずほ銀行」

企業姿勢が問われる正念場と見受けますが、みずほ銀行は苦情・クレームの受付窓口等を設置しているのでしょうか?

スポンサーリンク?

「ご意見・苦情」の専用窓口あり!

(画像引用:https://www.sankei.com/)

役職員一人ひとりが“お客さま起点”を徹底し、自ら考え・行動することで、お客さまの夢の実現を全力でサポートすると表明している「みずほ銀行」。

その言葉どおり、公式サイトの「ヘルプ・お問い合わせ(よくあるご質問)」ページに目を移すと、みずほ銀行は「ご意見・苦情」の専用窓口を設けていることが分かりました。

“苦情”という直接的なワードを冠した窓口のある企業は、余り多くありません。

そういった点で、みずほ銀行の姿勢は“お客様本位”と称することができるでしょう。

具体的な連絡先は、以下のとおり。

ご意見・苦情専用窓口

フリーダイヤル 0120-324-221
<受付時間>平日9時00分~17時00分
(祝日・振替休日、12月31日~1月3日は利用不可)

耳や言葉の不自由な方は、専用のフォームを利用するようアナウンスされています。

耳や言葉の不自由なお客さま専用の受付フォーム

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/help/goiken/notice1.html
※みずほ銀行より返信を希望する場合は、名前・住所・取引店・口座番号・メールアドレスの入力が必要。
内容に不足や誤りがある場合は回答できない可能性があるため、注意
※内容によっては、全てに返信・対応できないこともあり

こちらに連絡を入れると、本社や組織の中枢に、直接声が届くものと考えられます。

一方で各店舗と連絡を取りたい場合には、「ATM・店舗のご案内」から検索を掛けると良いですね。

「店舗情報」には「各種お問い合わせ先」として、該当店舗の電話番号が掲載されています。

なお店舗・ATMや商品の一般的な案内に関しては、コールセンターでも受け付けてもらえるそうです。

また「2月28日に発生したATM・みずほダイレクトにおけるシステムトラブルについて」不明な点等がある際にも、みずほ銀行の店舗またはコールセンターに連絡を入れるよう案内があります。

コールセンター

フリーダイヤル 0120-324-303
<受付時間>平日、土・日曜日9時00分~17時00分
(12月31日、1月1日~1月3日、祝日・振替休日を除く)

スポンサーリンク

メールでの連絡方法と、その他窓口の情報をチェック!

みずほ銀行に対する意見・苦情をウェブサイトにて受け付ける窓口も用意されていて、「ご意見・苦情の投稿」フォームから、投稿することが可能です。

「ご意見・苦情は、今後の業務改善や商品・サービスの開発に活かすよう努めてまいります」と、説明がありますね。

ただし、意見・苦情について個別に回答はしていないそうですから、あらかじめ留意しておきましょう。

とはいえ「お客さまの声を踏まえた取り組み(個人のお客さま)」の具体例が示されるなど、利用者の声はしっかり受領・分析されている模様です。

さらに、みずほ銀行は次のような窓口も紹介していますね。

金融円滑化苦情相談窓口

中小企業のお客さまや住宅ローンを利用いただいているお客さまなどから、お借り入れ条件等の変更に関する苦情を受け付ける専用窓口。
くわしくは、こちら

優越的地位の濫用に関するお客さまご相談窓口

優越的地位の濫用に関して、お客さまからのお問い合わせやご相談を受け付ける専用の窓口。
〒100-8176 東京都千代田区大手町1-5-5
電話:03-6838-1071
受付時間:月曜日~金曜日 9時00分~17時00分
(祝日、振替休日、12月31日~1月3日を除く)

全国銀行協会相談室

全国銀行協会相談室は、銀行に関するさまざまな相談や照会、銀行に対する意見・苦情を受け付けるための窓口として、全国銀行協会が運営するもの。
くわしくは、全国銀行協会のホームページを参照

以上状況に応じて、各種窓口を使い分けてください^^

スポンサーリンク