ストラッシュの苦情クレーム電話番号!問い合わせメールも可?

2015年の創業以来、ムダ毛に悩むお客様にとっての“理想の脱毛サロン”を目指し、お客様を第一に考えた高品質でも低価格のサービスを日々提供していると謳う「ストラッシュ(STLASSH)」

“お客様にとって理想の脱毛サロンとは何か”を常に考えているという同脱毛サロンですが、苦情・クレームの受付窓口を設置しているのでしょうか?

また、解約方法はどのように設定されているのでしょうか?

「ご予約・お問い合わせ」はメールにて!

(画像引用:https://stlassh.com/)

さてストラッシュ公式サイトの「ご予約・お問い合わせ」ページをチェックしてみると、「ご予約・お問い合わせを随時承っております。必要事項をご入力の上、『送信する』ボタンを押してお進みください」との案内を添えて、問い合わせ用のメールフォームが設置されていました。

単に問い合わせではなく“ご要望”を受け付けているとのアナウンスも見られるため、苦情・クレームに類する内容に関しても、こちらのメールフォームを通じて申し伝えれば良いのでしょう。

スポンサーリンク?

電話による問い合わせも可能…?

なお「ご予約・お問い合わせ」ページに電話窓口の情報は掲載されていなかったのですが、電話を通じての問い合わせ連絡も可能なのか気になり、「会社概要」ページに目を移してみると、以下のような内容が共有されていました。

ストラッシュ 会社概要

会社名:株式会社インターレイズ
本社所在地:〒108-0023 東京都港区芝浦2-14-18サカイビル 4F 5F
関西支社:〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中1丁目13-20
パークシティー御堂筋ビル 6F
お客様窓口:0120-871-681
会員様ご予約窓口:0120-971-671
info@inter-raise.com
求人窓口:03-6453-6333
営業時間 11:00~20:00
saiyo@inter-raise.com
法人窓口:03-6453-6360
info@inter-raise.com
事業内容:エステティックサロンの運営
提携先医院:表参道スキンクリニック
なおえビューティークリニック

ご覧のとおり、期待よりも多くの有益な情報を得ることができましたよ^^

特に「お客様窓口 0120-871-681」という電話番号については、ストラッシュ公式サイトの最上部にも掲載されていることから、総合窓口的な役割を果たしているものと推察いたします。

「受付時間10:00 ~ 21:00」という情報以外、“どのような問い合わせに対応しているか?”といった詳細は不明なのですが、どちらの窓口に連絡を入れるべきか判断に迷った場合などは、まず「お客様窓口」にサポートを依頼しても良さそうです。

続いては、ストラッシュ各店舗の情報を押さえていきましょう。

全身脱毛サロンのSTLASSHが採用する最新の“SHR脱毛”は、きめ細かい綺麗な仕上がりだけでなく、痛くない施術、最短6か月という短期間での完了が特徴。

さらに、うぶ毛や日焼け肌にも対応できるなど、数多くのメリットを有しています。

しかしながら“最新法であるために導入できるサロンが少ない”という問題があり、ストラッシュは“SHRの専門サロン”としてこの点を解決すべく、現在全国に続々と出店を果たしているそうですね。

そして全国の各店舗が一様に、お客様にとっての“理想の脱毛サロン”を目指し、高品質且つ低価格なサービスを提供。

そんな全国各地のストラッシュ店舗に関しては、「全国の店舗一覧」ページより、情報を得ることが可能です。

各店舗の詳細ページに移動してみると、住所に営業時間、ベッド数や駐車場の有無といった情報が掲載されているほか、店舗直通の電話番号も。

電話番号については「会員の方」向けと「新規の方」向けの番号がそれぞれ案内されているため、状況によって使い分けましょう。

ちなみに他の脱毛サロンを見ると、問い合わせ窓口を一本に集約しており、各店舗の電話番号は公開していないというケースも多いですから、電話やメールでの連絡が可能な「お客様窓口」等を完備した上で、更に店舗直通の連絡先も共有するストラッシュのスタンスは、利用者目線で大変ありがたいと感じましたよ^^

スポンサーリンク

いつでも解約OK、残った回数は返金可能!?

公式サイトの内容をチェックしたところ、ストラッシュは年間での契約や契約月数などの縛りを設けていないため、当初の予定よりも早く脱毛が完了した場合、お得なパックプランなどはいつでも解約可能&残り回数の差額分は返金されると案内されていました。

それゆえ経過を見ながら本当に必要な回数で脱毛を行い、かさみがちな脱毛費用と肌への負担を最小限に抑えることができるそう。

脱毛の完了までに通う回数は予定が立てづらいものですが、このようなシステムであれば、お得に安心して脱毛を始められる気がします。

なお気になる解約・退会方法については、「ご契約プランにより解約方法は異なりますので、会員様はご契約していただいている店舗にてご相談ください」との記載があるばかりで、具体的なことは明らかにされていませんでした。

しかし口コミによれば、契約店舗に電話を入れて解約手続き実施日の予約を取り、店頭にて手続きを完了。

その後1~2週間すると、指定口座に返金される流れのようです。

各店舗の連絡先は、公式サイトの「全国の店舗一覧」から調べましょう。

ちなみに「ストラッシュの事を知りたい方は、お電話でもお問い合わせを受け付けております」として、コールセンターの役割を果たす以下のような連絡先も提示されています。

お電話でのご質問(お客様窓口)

電話番号 0120-961-678
営業時間11:00~20:00

ただ「解約手続きをしたくて、お客様窓口に電話連絡を入れたら、契約店舗に掛け直すよう指示された」との声が上がっているのを見ると、解約の連絡先はあくまでも契約店舗の模様。

解約時には公式の案内に従い、まずは契約店舗まで連絡を入れると良いですね。

クーリング・オフの検討も必要…?

…と、ストラッシュとの解約時のやり取りについて説明してまいりましたが、各種掲示板やSNSに寄せられた口コミを見る限り、「解約希望の旨を電話で申し出たが、事務手続きについて詳しくは折り返すと言われたまま、一向に電話が掛かってこない。予約が全く取れなかったうえに、解約の対応までこの調子とは…」等、同サロンの評判は余り良くない様子でした。

8か月間来店がないと自動で解約させられてしまうルールを見落としていて、意図しない解約となり、「大金が無駄になった」と憤っている方も少なくありません。

そのような状況ですから、「特定商取引に関する法律」において消費者を保護するべく定められた「クーリング・オフ」制度を利用することも、検討しておくと良さそうです。

クーリング・オフとは、いったん契約の申し込みや契約の締結をした場合でも契約を再考できるようにし、一定の期間であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる制度のこと。

特定商取引法におけるクーリング・オフができる取引と期間によれば、エステティックや美容医療などの「特定継続的役務提供」の場合、“8日間”という期間が定められています。

クーリング・オフは契約書を受領してから8日間の内に、必ず書面で行いましょう。

手続きは、はがきで進めることが可能。

クーリング・オフができる期間内に通知し、クレジット契約をしている場合には、販売会社とクレジット会社の双方へ向けて、同時に通知することとなります。

「特定記録郵便」または「簡易書留」など発信の記録が残る方法で送付し、はがき両面のコピーや送付の記録は、一緒に保管しておきましょう。

不明な点がある場合は、最寄りの消費生活センターに相談すると良いですね。

全国の消費生活センター等について相談窓口を知りたいときには、こちらから調べてみてください。

スポンサーリンク