日本相撲協会の苦情クレーム電話番号!問い合わせメールも可?

不祥事の発覚や、一般社会の感覚と乖離した古い体質により、何かと批判されることの多い「日本相撲協会」

「日本相撲協会に苦情や抗議が殺到!」といったニュースも時折耳にしますが、日本相撲協会には苦情・クレームの受付窓口が設置されているのでしょうか?

声を上げている皆さんが、どのような方法で連絡を入れているのか気になったため、具体的な情報を探ってみました。

スポンサーリンク?

「ご意見・ご感想」は専用のフォームから!

(画像引用:https://ddnavi.com/serial/657134/a/)

そもそも「公益財団法人日本相撲協会」は、「相撲文化の振興と国民の心身の向上」に寄与することを目的に、本場所及び巡業の開催、これを担う人材の育成、相撲道の指導・普及、相撲記録の保存及び活用、国際親善等を行いながら、これらに必要な施設を維持、管理運営する役割を果たしています。

なるほど相撲文化を通じて“国民の心身の向上”を司る公益財団法人であれば、国民の声に耳を傾けるための窓口が、設置されて然るべきと感じますね。

そのようなことを考えつつ日本相撲協会の公式サイトを読み込んでいくと、「大相撲に関することや、ホームページへのご意見・ご感想をいただいております。どのようなことでも結構ですので、お気軽にお寄せください」との案内を添えて、「ご意見・ご感想」を伝えるための送信フォームが設置されているのを見付けました。

特段“苦情・クレーム”と明記されているわけではありませんが、どのようなことでも結構…という表現を見るに、苦情・クレームに類する内容も本フォームを通じて受け付けてもらえるのでしょう。

入力が必要な項目は「お名前」「ご意見、ご感想の内容」「ご意見、ご感想」の3つと、その作りは至ってシンプル。

「ご意見、ご感想の内容」は、「制度・きまり/取組/力士・親方/部屋・稽古/道具・裏方/相撲用語・ことば/あなたが見たい名勝負/その他」から選択する形式になっています。

なお本フォームを通じて寄せられたご意見・ご要望については、今後のより良いサービス提供のために利用するとのこと。

ただし内容に関して、個別の返信はもらえないそうです。

スポンサーリンク

電話で連絡を入れることも可能…?

となると、双方向のやり取りができる電話窓口が設置されているのか気になりますが、私個人の感覚で日本相撲協会の公式サイトをくまなくチェックしてみても、苦情・クレームはもちろん、通常の問い合わせ時に利用できるような電話番号は見付けることができませんでした。

しかし相撲関連の記事等をチェックすると、日本相撲協会に電話で苦情を入れている方たちは少なからずいらっしゃり、その際には日本相撲協会の代表電話が利用されている様子です。

公益財団法人 日本相撲協会

住所 東京都墨田区横網1丁目3-28 
TEL 03-3623-5111(代表)

その他にも日本相撲協会の電話番号は幾つか公表されているのですが、苦情・クレームとは全く関係がなさそうな窓口の連絡先ですし、意見・要望を伝える際は“組織の窓口”たる代表電話番号へ…との考え方は、一応筋が通っている感じがしますね。

ちなみに日本相撲協会「指導普及部」の説明ページに目を移すと、代表電話について「相撲の指導普及に関する講演、イベントへの参加、相撲や相撲体操の指導、映像や画像の借用など、相撲の指導普及に関するご相談・ご依頼については、お気軽にお電話にてご相談ください」とのアナウンスが見受けられました。

公益法人として、青少年・学生に対する相撲の指導奨励を大きな目的に掲げ、指導普及部の業務として、広く一般への相撲道の指導普及に努めている日本相撲協会。

公式サイトを読み込んだ上で全体の内容を俯瞰してみると、やはり私自身の印象ではあるのですが、「相撲の普及に絡む連絡は電話で歓迎!苦情・クレームももちろん伝えてほしいけれど、その際にはメールフォームを利用してね」との意図を読み取れる気がしましたね。

スポンサーリンク