全国銀行協会の苦情クレーム電話番号!問い合わせメールも可?

日本国内で活動している銀行を直接の会員とする組織で、わが国における銀行業界の代表として、銀行業の発展のためにさまざまな活動を行っている“全銀協”こと「全国銀行協会」

適正な消費者取引や、社会貢献活動・コンプライアンスの推進といった役割も果たす同組織ですが、苦情・クレームの受付窓口を設置しているのでしょうか?

スポンサーリンク?

私たちの声を届ける手段は複数あり!

(画像引用:https://www.zenginkyo.or.jp/)

さて「一般社団法人 全国銀行協会」のウェブサイトトップページより「ご意見・ご要望」ページにアクセスしてみると、プライバシーポリシーに同意した上で、専用のメールフォームを通じて「全国銀行協会や銀行界に対するご意見やご要望(個別銀行に対するものは除く)、本サイトに関するご感想等」を送信できるようになっていました。

寄せられた意見等は、全銀協の今後の活動や、銀行界のサービス等向上の参考とさせていただく…とのこと。

ただし、個別の回答は行われておりません。

その点を踏まえたうえで「個別のお取引に関するご相談・苦情等」については、①「お取引銀行」もしくは②「全国銀行協会相談室」、また③「お近くの銀行とりひき相談所」に相談するよう案内されていますね。

さらに、④「相談・苦情受付フォーム」から相談することも可能と言います。

まさに苦情・クレームの受付窓口として機能する連絡先が複数存在することが理解できましたので、その一つひとつについて、詳細を押さえていきましょう。

スポンサーリンク

「全国銀行協会相談室」「お近くの銀行とりひき相談所」等の連絡先をチェック!

①「お取引銀行」は人によって異なるため、割愛させていただきますね。

まず②の「全国銀行協会相談室」は、銀行に関するさまざまな相談や照会、また銀行に対するご意見・苦情を受け付ける相談窓口で、行政庁が指定した紛争解決機関である全銀協が、公正中立な立場で運営しています。

その具体的な連絡先は、以下のとおり。

全国銀行協会相談室

0570-017109または03-5252-3772
受付日:月~金曜日(祝日および銀行の休業日を除く)
受付時間:午前9時~午後5時
※ナビダイヤルは、固定電話(一般電話)からは全国一律3分8.5円(税別)、携帯電話・PHSからは全国一律20秒10円(税別)でおかけいただけます。公衆電話からの場合は、全国一律課金が適用されません。
※なお、ナビダイヤルにおかけの場合、各電話会社の通話料割引サービスや料金プランの無料通話は適用されませんのでご留意ください。
※IP電話では、一部を除きナビダイヤルがご利用になれません。

更に詳細を知りたい方は、「全国銀行協会相談室・あっせん委員会」に関するページに目をとおしてみてください。

続く③「お近くの銀行とりひき相談所」は、全国銀行協会相談室とは別に、各地の銀行協会によって運営されています。

全国に50か所を数え、会員銀行に関する相談等を受け付けているそうですね。

銀行とりひき相談所

電話番号・所在地一覧は、こちら
受付日:月~金曜(祝日および銀行の休業日を除く)
受付時間:午前9時~午後5時

最後に、④「相談・苦情受付フォーム」について。

同フォームは銀行とお客様との取引(預金・融資取引、保険商品・投資商品の勧誘など)に関する相談・苦情を受け付ける窓口で、「相談・苦情受付フォーム お問合せのご注意事項」より注意事項に同意の上、活用することができます。

こちらのフォームを通じての申出に対しては、全国銀行協会相談室より電話での連絡が入るそう。

原則として電子メールや書面では連絡を入れないシステムですが、聴覚・言語障がい等により電話対応が困難な方については、専用フォーム「聴覚の障がいや言語障がいなどにより口頭によるコミュニケーションを行うことが困難なお客さま向けの相談・苦情受付フォーム」による申出を受け付けています。

以上、各種窓口を状況に応じて使い分けてください^^

スポンサーリンク